Basie-Straight Ahead

sax-soli

カウントベイシー・オーケストラで、初めてネスティコが作編曲を担当した、1968年発売の同名アルバムの一曲目より。

(このアルバム、1997年に、日本で「世界初CD化」されました。大急ぎで買ったなんていうのは……JFAでも年配組ですね……。)

冒頭12小節のリズム隊のイントロからして、いかにもベイシーナンバー。

それにサックスセクションが続き、ブラスセクションが強力に加わり……。

我らがJFAとしては、ピアニッシモからフォルテッシモまで、メリハリの効いたダイナミクスで聴かせたい!

がんばりすぎないで、必死になりすぎないで、粋に聴かせたい! と臨みましたが、いかがでしたか。

テナーサックスのソロは清藤幸子さん。ピアノは鷹野はるみさん。ビッグバンドの超有名曲ながら、お二人とも、それこそ粋に決めてくれました。

山口裕司さんのMC、ご記憶でしょうか? 「日本で「フォー・ビート」というのは、アメリカでは「ストレイト・アヘッド」になるんですって」。

ライヴ本番に初めて知った私を、山口さん、どうかお許しください。

 

(野村耕一郎)

 

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

    関連する記事はありません

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


カテゴリー:Someday 2013

このページの先頭へ

イメージ画像