2020年5月の練習も・・・

お疲れさまです。Stay Homeが続いてますがいかがお過ごしでしょうか。

5月の練習も・・・残念ながら中止です。

まあしょうがないですね。緊急事態宣言が一部の地域では解除となりましたが、東京やその周りの神奈川、埼玉、千葉、あと大阪、京都、兵庫、北海道は延長だし、

あといつもお世話になっているスタジオも休業延長ということなので、ここはもうしばらくの辛抱。。と思いたいですが、どうなんでしょう。

緊急事態宣言が解除されたとしても、すぐにはみんな元どおりというわけにもいかないでしょう。

厚生労働省の「新型コロナウィルスを想定した新しい生活様式」をしばらくは続けるということになるのではないでしょうか。

 

この中の(3)日常生活の各場面別の生活様式の「娯楽、スポーツ等」には

 

・狭い部屋での長居は無用
・歌や応援は、十分な距離かオンライン

 

とあります。
スタジオに集まって長居はできないし、もう外で向かい合わずに音を出すしかないですね。
あとはオンライン?

 

最近流行りのテレビのリモート収録みたいに、各人が一人でスタジオに入りモニターを見ながら合奏ならできるかもしれませんが、そのための設備も準備しなきゃいけないし、とても現実的でない・・・と思いつつ、リモート合奏もなんか面白そうだなと思えてきました。

 

テレワーク(リモート)演奏の方法!

手軽にパソコンでZOOM使ってできればいいですが、家で音出せるなんてそうそうできないでしょうし、金管ならサイレントブラスでできる?でもサックスは?

ドラムも生だとスタジオ行かないとできないし、ベースやピアノだって・・・

と色々想像をめぐらしてみましたが、調べてみたら、リモート合奏のやり方を教えてくれるサイトがありました。

 

◆テレワーク演奏(リモート演奏)の方法をシェアするよ!動画編集ソフトを使ったやり方も紹介【合奏・合唱もスマホでいける】

これはリアルタイムに一緒に演奏してるわけではなく、別々に弾いて、それを後で動画編集して一つの動画にするといった方法です。

YouTube Preview Image

各自が音源やクリックを聞きながら演奏し、その動画を撮ります。そしてそれを動画編集ソフトで編集し一本の演奏動画にするのですが、

2~3人ならやりやすいかもですが、ビッグバンドとか大人数になるとちょっと大変そう。
でもその場にいる人の音を聞きながら一緒に演奏することにはならないので、通常の合奏とはちょっと違うかもしれませんね。

 

ヤマハのオンライン遠隔合奏サービス

ところが、さすがYAMAHAですね。オンラインでの遠隔合奏ができるサービスがあるそうです。

ヤマハ オンライン遠隔合奏サービス『SYNCROOM』

『SYNCROOM』公式サイト
https://syncroom.yamaha.com/

 

これは現在ベータ版が公開中で、2020年6月頃より正式公開予定だそうですが、独自の技術を使用した回線を利用した「SYNCROOM」というサービスです。

これだと離れていても違和感を感じることなくセッションを楽しめるということなのですが、最大5拠点。ということは最大5人までしか同時に演奏できないようです。

う~んやはりビッグバンドはムリそうですね。

あとアプリを使うのはいいとして、楽器とどうつなぐのか、電子楽器ならシールドで繋げば良さそうですが、生楽器は?マイク?

ヤマハとソニーが「NURO光」を通してやったというオンラインセッションの体験イベントがあったらしいですが、子どもたちの演奏してる動画があり見てみました。

https://www.sonynetwork.co.jp/corporation/event/2020/online/00.html

なるほど離れててもほとんど違和感なく演奏できそうですが、こんな音出せるところとなると、やはりスタジオとかそれ相応のスペースじゃないとできなさそうですね。

あとこういったオンラインには欠かせないネット回線。

有線の光回線でも何箇所もピッタリ同期させるのは難しそうですし、こういう特別な技術使わないといわゆる合奏の実現はそうとう難しいんだなと思いました。

やはりその場で音を聞きながら、空気を読みながらの演奏というのはオンラインでは難しいのか?

いやまだこれから5G、6Gとかの時代になれば普通にできるようになる・・・のではないかと思います。

 

あとバンドの楽しみの一つでもある、ZOOM飲み会はすぐできそうだし、こっちのほうが手軽で現実的かな^^;

ZOOMで会議とか体験した人も多いかもしれませんが、仕事関係なしにバンドでZOOM飲み会も楽しいかもしれませんね。

 

「東京ジャズ」もオンラインに

てことでまだまだ世の中はコンサートとかイベント、続々中止、延期が続いてます。

5月に予定されていた「東京ジャズ」も中止でオンライン配信になるそうです。

5月23日(土)、24日(日)で、無料らしいのでそれは嬉しいのですが、どんな感じで演奏するのか。

先日の国際ジャズデイは、実際にステージで大勢で演奏してたり観客もいたアーティストもいましたが、一人だけで演奏という人がほとんどで、バンドやグループでの演奏はやはり難しかったんだろうなと思いました。コンサートの映像は過去のものだったかもしれませんね。

なので今度の「東京ジャズ」もソロとかあっても少人数か・・・。無観客でステージ上で普通に演奏ならかなりいいと思うのですが、無料でそこまでやってくれるのか。

ましてや海外のアーティストもいますしね。このためにわざわざ日本にまで来ないでしょうから当然リモートか?
それこそリモートセッションしてくれると嬉しいですけどね。

 

今は我慢

やはり音楽はやるのも聴くのも「生」にはかなわないわけで、コロナが沈静化して特段気にしなくてすむくらいにならないと今までの日常は戻ってこないでしょうね。

いつになるのかわかりませんが、このコロナ禍が収束し皆が笑顔で集まれる日がくるまで待ちましょう。そのために今の生活様式を緩めずに、維持して、がんばるしかないです。

何だか根性論みたいなことしか言えませんが、そう何年も続くことはないでしょう。(多分)

今の状況は人生のうちのほんの数ヶ月。そう捉えてポジティブに考えたいと思います。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • マルタさん、いつも更新をありがとうございます♪
    そうですよね、スタジオで練習できるのって、きっとまだ先ですよね。でも、人生のほんの数か月間、というおことばにしみじみ。

    ヤマハのベータ版(ベータ版って言葉の意味、初めて知りました(^^;)、知人と使ってみましたが、自宅がケーブルテレビ回線なためか、遅延があり四苦八苦しています。せっかく買ったオーディオインターフェイスが燃えないゴミになってしまわないよう、6月に出るSINCROOMに期待しています(^^)/

    by たかの 2020/05/17 4:21 PM

  • はるみさん コメントありがとうございます!やったんですねSYNCROOM。そうですか、やっぱり回線の問題ですか。β版はそのヤマハの特別な回線は使えないんですね?
    やはりこういうのは環境が揃わないと厳しいですね^^;来月正式版出たらまたぜひレポートしてください。

    by maruta 2020/05/17 5:04 PM

  • う~ん、β版では、回線は各自の回線を使うしかないのかな。私、よくわかってないのかもしれませんが(^^;。光回線の人とセッションすると、私のケーブルテレビ回線のほうが遅くて、私の音が遅れて相手に届きます。光回線の人同士だと快適にセッションできてるそうです。モバイルの人は私以上に遅延がひどくて演奏になりませんでした。

    SYNCROOMでこの辺りが改善されてるといいのですが・・・またレポートしま~す♪

    燃えないゴミの行く末が気になって仕方のないたかの(^^)/

    by たかの 2020/05/17 7:24 PM

  • ケーブルテレビはJですね?うちもそうです。(光1Gコース)でもここはコースがいっぱいあって速度もまちまちなので(光は1G、5G、10G)、そのへんが他の人と違うと合わないんでしょうね。
    SYNCROOMの本サービスはそのあたりがどうなのか気になりますね(^^)

    by maruta 2020/05/17 8:32 PM

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。